「森の暮らしが透けてみえる」

19世紀から,森を育ててこられた
ご家族の3代目。

愛媛県の久万という森で暮らしている。

木は、生きることに欠かせない。

酸素をつくってくれる。
火を起こし、暖め、調理ができる。
家の骨組みになる。
暮らしの道具になる。
船や車になって、人やものを運ぶ。

木は人を生かすものだとお聞きした。

でも今は、人が森に触れる機会は減っている。

MOTOMOTO KUMAという名前は,
「もともとの森と人はどうだったんだろう
と久万で考える」という意味。

ブランディング、プロダクトデザインをとおして
これまでになかった森との関わりをご提案する。

「森の暮らしが透けてみえる」

森があこがれになるようなプロダクトを目指している。

You may also like

Back to Top