美しくて穏やかな瀬戸内海。

そこにあるいちごの島。大三島。

目の前の海からは,月と星がのぼります。

特別な場所で,特別ないちごを丁寧に育てている。

それがINOUE ICHIGOENです。

でも,何よりも印象に残ったのはご夫婦でした。

大切なご家族と過ごすために
いちごを育てることを選んだ勇気。

海の凪がおだやかな日も,
真冬の夜中もいちごをお世話する愛情。

シャキシャキして
甘味と酸味のバランスが抜群のいちご。

たくさんの素敵なところで溢れています。


ロゴマークは「瀬戸内に浮かぶいちごの島」。

美術や建築には,リージョナリズムという言葉があります。

メキシコのルイス・バラガン,
南仏のマチスなど,
その土地の光,気候,人々の働きの美しさに焦点を当てたものをつくりました。


大三島の陽光は,柔らかくて眩しく独特です。

そして,そこでいちごを育てる井上家は特別です。

その環境,島へのあこがれをデザインに込めました。


・いちごパック

ご家族,風景,いちごを世話する道具など
大切なものを切手の形にして,お届けする
というコンセプトにしました。

You may also like

Back to Top